Archive for the '所得税' Category

18th 2010f 1月, 2010

e-Taxで所得税の修正申告はできるの??

Posted by 所得娘 in 修正申告・所得税, 所得税 at 9:23 am | Permanent Link

こんにちは。新年がスタートして、はや半月です。こう考えると、月日が過ぎるのは本当に早いですよね。この季節になると、確定申告のことが頭をちらつく人も多いでしょう。みなさんは準備はいかがですか?
最近は、所得税の確定申告はe-Taxを利用する人も着実に増えてきているようですよ。なるべく早めに着手しておけば、後から締め切りに慌てる必要も無いですし、早めにやっておきたいですね。
さて、このe-Taxですが、実際に利用された方なら1度は考えたことありませんか?
そう、もしも所得税の申告に誤りがあった場合、修正は可能なのか?ということです。
どうして不安になってしまうかと言うと、e-Taxの画面上には、『修正申告』というボタンやメニューが存在しないからです。もしミスをして、後で怒られたり、所得税に対して追徴課税・・・なんてことになったら(>_<;)それで心配になってしまう・・・というのは、当然かもしれません。
でも実は、『所得税、間違ってるかも!』と気付いたときは、e-Taxで再度、正しい申告データを送ればいいようです。これで修正申告したとみなされるらしいですよ。しかも、何回修正しても大丈夫。e-Taxの場合、最後に送られてきたデータが、正しい修正申告とみなしてくれるそうです。心配な方は、税務署の担当の方に問い合わせてみてくださいね(^^)所得税は正しく納めるのが日本国民の義務です!!間違いの無いようにしましょう!

8th 2009f 12月, 2009

修正申告したら確定申告はどうなる?

Posted by 所得娘 in 所得税の修正申告, 修正申告・所得税, 所得税 at 9:38 am | Permanent Link

こんにちは。師走になりましたね。所得税の引上げのニュースは最近あまり言われなくなりましたね。
所得税のことよりも、鳩山総理の献金疑惑の方が賑わっているように感じます。そんなに沢山お金を持っているんだったら、一般人より、所得税を多めに払ってくれないかな~?なんて考えてしまう小市民です。笑
さて、そろそろ修正申告のシーズンですね。毎年のことですが、『やらなきゃな~』と思いながらするのってちょっと面倒だったりしますよね。でも国民の義務ですから、私たちも正しく納税しないといけませんね。
今回の修正申告のお話しですが、もし、修正申告した場合、たとえば会社などで前期に修正申告を行った場合に、そのあとに会社の決算があり、確定申告を行うときは、どんなことに気をつけなくてはいけないのでしょうかl。
手順としては、別表を提出することになり、例えば法人の修正申告のケースであれば、別表①、④、⑤を税務署に提出します。また修正によって、繰越欠損金の金額も変わるという場合であれば、別表⑦も提出します。そして、前期の確定申告と修正申告の表④を見比べることで、どの様な修正を行ったかということを確認することができるようになります。
申告書を作成するとき、修正申告後の利益積立金額を、期首の利益積立金額にもってくることがポイント。そこはしっかり注意して、いろいろな損金算入限度額を見ていきましょう。それ以外は普段通りの作成方法で問題ありませんよ。

13th 2009f 11月, 2009

所得税を節税しよう!寄付金について

Posted by 所得娘 in 雑談色々, 所得税 at 9:40 am | Permanent Link

こんにちは。修正申告の話しは一旦置いておいて、今日は所得税の節税方法についてお話したいと思います。
この不景気の中でも、寄付をなさるという奇特な方が時々いらっしゃいますよね。ある個人が寄付した時に、寄付金控除というものがありますが、これは社会保険料控除と同様に所得税が控除されることになっています。
また、寄付した人が個人ではなく法人だった時は、一定の額が損金としてみなされるので、法人であっても、所得税は減ることになります。
では、このような寄付金での控除の限度額はどうなっているかというと、その年にした特定寄付金の額と総所得金額等の40%相当額のいずれか低い金額から、5千円を引いた額が寄付金控除の限度額となります。ですから、総所得金額が900万円の人だったら、360万円から5000円を差し引いた、3595000円までの特定寄付金を所得から控除できるということになります。
また、個人の寄付金控除の対象となる寄付先は限定されていて、国か地方公共団体、または公益法人や特定公益増進法人などでないと、寄付金控除自体が受けられないことになっています。しかし、法人が寄付を行うときは、寄付先は限定されておらず、法人の損金算入限度額以内であれば法人の損金になります。そういった意味では、例えば、一般のNPO法人に寄付をされるときは、個人ではなくて法人でした方が、所得税の節税になりますよ。所得税の節税は、知っておいて損は無いですね!

4th 2009f 9月, 2009

所得税が修正申告でお得になる?!

Posted by 所得娘 in 修正申告・所得税, 所得税 at 9:33 am | Permanent Link

こんにちは。9月になりましたが、税務署はそろそろ定期異動を済ませ、落ち着いて税務調査を始めるころです。この税務調査の結果、申告内容に誤りがあるときは所得金額や税額を修正申告しないといけませんが、この手続きで税額が増えてしまうという修正申告と、逆に税額が減る修正申告がありますね。税金が減ってくれる分にはとても嬉しい話なのですが。
もし増える場合の修正は、税務署から更正通知書と追加税額の納付書が送られてくるので、それに従って税金を納めればOK。とはいうものの修正申告は一般的に、申告書の内容に誤りがあることに気づいた場合の訂正のものですが、税務調査の後でも更正に代えて修正申告を勧められることが多いとか。
税務署側がなぜ修正申告を勧めるか、ですが、更正するためにはその理由を更正通知書に書かなくてはならず、結構手間がかかることがあります。また、更正処分の内容に、私たち納税者が納得できないという時、納税者は異議申し立てが可能ですが、修正申告ではそれができません(>_

12th 2009f 5月, 2009

サラリーマンの所得税

Posted by 所得娘 in 修正申告・所得税, 所得税 at 10:11 am | Permanent Link

修正申告は、サラリーマンの方にとっては、あんまりなじみのないものかもしれません。
所得税が、給与から差し引かれているので、個人で申告する必要は無いですし、
修正申告ももちろん不要。
今日は、給与所得に対しての所得税の計算がどのようにされているか、
簡単にご紹介したいと思います。
まず、サラリーマンがもらう給料やボーナスなどは給与所得になりますね。
1年間の給与所得に対する所得税は、まず、その年にもらった給料やボーナスetc.収入金額から
「給与所得控除額」を差し引いて、給与所得の金額を計算します。
次に、この給与所得の金額から、基礎控除や扶養控除などの「所得控除額」を差し引き、
課税所得金額を計算します。
これに「税率」を掛けた金額がその年の所得税額になります。
平成20年分の年末調整の所得税額について
< 課税給与所得金額>             < 税率>
1,950,000円以下               5%
1,950,000円超 3,300,000円以下 10%
3,300,000円超 6,950,000円以下 20%
6,950,000円超 9,000,000円以下 23%
9,000,000円超 18,000,000円以下 33%
18,000,000超              40%
ほとんどのサラリーマンは、年末調整で所得税の納税が完了できるので
修正申告等をする必要はありませんが、
給与の年間収入金額が2,000万円を超えるような人や、
給与所得や退職所得のほかに20万円を超える所得がある人などは
確定申告の必要があります。

29th 2008f 9月, 2008

所得税についてお勉強

Posted by 所得娘 in 所得税 at 10:06 am | Permanent Link

所得税とは、担税力の源泉を、所得、消費及び資産と区分した場合において、所得に対して課される税金のことです。
●所得税のメリット
累進課税によって富裕層から多額の税を徴収することができて、所得の再配分が行われる。
申告することによって税金への関心を高め、政治への関心を高める。
●所得税のデメリット
制度や税金の計算が複雑である。
節税や脱税が行いやすく、源泉徴収される給与所得者は申告納税をする自営業者に対して不公平感を抱きやすいのである。
●所得税の最高税率の推移
1986年所得税   70.0%
1987年所得税   60.0%
1989年所得税   50.0%
1999年所得税   37.0%
2007年所得税   40.0%
きちんと所得税の節税の対策をしておきましょう。所得税の修正申告は時間もお金も勿体無いですからね。